子ども好きな人がなる職業

子どもが好きな人からすると保育業界で働くことは、とても憧れることでしょう。人によっては、子どもの頃から保育士になりたいと思っている人も少なくありません。しかし、現代では保育士が不足しているといわれています。

保育士の学校はどんな感じ?選ぶときのポイントとは?

大学生

どうして保育士が不足しているのか?

保育士が不足している主な原因は、給料が安い、残業が多いなどです。しかし、この状況を作りだしているのは、保育士が不足しているからといえます。特に残業が多いのは、保育士の数に対して子どもの数が多く、子どもが保育所などにいるときは仕事を片付けられないからでしょう。そのため、保育士を増やすために国も色々と施策し出しています。

少子化の影響を受けていない

現代は、少子高齢化といわれていますが、実際はどこの地域も子どもを預ける施設がない状況です。これは、子どもの数に対して保育士が少ないだけでなく保育施設の少なさも影響しています。保育士も少ない、保育施設も少ないとなれば、預けられる子どもの人数が限られてくるので、どんどん定員割れの保育施設が増えていき、悪循環な環境が発生しているといえます。

これからどんどん需要が増える

国が保育現場を見直して各保育施設の環境が整えば、保育士の需要が今よりもさらに増えていきます。そのため、子どもが好きで同じ時間を過ごしても苦じゃないと感じるのなら、保育士の学校に行って資格を取っておいたほうがよいでしょう。保育士の学校へ行けば、保育に必要な知識を得ることができたり、実習に行けたりしてスキルアップしながら資格を取る勉強ができます。神奈川を始め全国では保育士の求人情報が溢れているため、資格を取得しておくことで就職にも有利になるでしょう。また、引っ越したりブランクがあったりした場合でも資格があれば求人に応募しやすくなり、職に困る心配がありません。

[PR]
心理カウンセラーの資格を取ろう
カリキュラムの内容を公開中

保育士の学校を選ぶときのポイント!

保育士の資格に特化した学科

保育士の学校で注目したいのは、「資格を取るための環境が整っているか」というところです。保育士の資格は、厚生労働省が管轄している国家資格なので、取得するために専門的な知識を得ておかないといけません。そのためには、保育士の資格に特化した学科があるかを確認しておいたほうがいいでしょう。

将来のことを考えた授業

最近は、グローバル化しているので小さな子どもの頃から英語を身に付けさせようとしている親が増えています。そのため、保育施設の中には、英語を子どもに覚えさすための時間が設けられています。これからどんどん増えてくるので、将来のことを考えて英語を子どもに教えられるようにできる授業があるか確認しておいたほうがよいでしょう。

資格を取得するまでの期間

保育士の資格を取得できる学校は、短期で取れるようにカリキュラムが組まれています。短期間に集中して勉強できるので、学校にかかる費用を抑えられるようになっています。あまり時間やお金をかけずに保育士になりたいと思っているのなら、短期の学校で資格の勉強を行なうことをおすすめします。

学校に行かなくても取れるのか?

保育士の資格を取るために必ず学校へ行かなければいけないのかといえば、答えは「NO」です。保育士の資格は、別に学校へ通わなくても取ることができます。ただし、学校へ行かずに資格を取ることは、とても大変なことです。

学校へ行かずに資格を取る大変さとは?学校のほうが楽?

国家試験は誰でも受けれるが、受験資格が厄介

保育士は国家資格のひとつなので、国家試験を受けるためには受験資格にクリアしておかないといけません。学校に通っている場合は、卒業と同時に国家試験を受けられます。しかし、通っていない場合は、中学・高校卒業後、2年以上の実務経験、または5年以上の実務経験が必要です。

実技試験もあるので独学だと合格は難しい?

保育士の国家資格の中には、実技試験も含まれています。そのため、独学だと限度があり合格が困難だといわれています。しかし、保育士の学校に通っていれば、実技試験のための勉強もあるので、国家試験を受けるときに有利になります。

[PR]
保育士求人を神奈川で探そう
専門の検索サイトを利用すべし!

[PR]
保育士の資格を学校で取得
実習授業が受けれる

[PR]
公認会計士の解答速報サービスを利用
自己採点がすぐにできる!

[PR]
公認会計士の資格を取る方法を解説
勉強をしっかり進めることが大切

広告募集中